祝儀の金額とタブー



ご祝儀だけでなく、冠婚葬祭ではいくつかのマナーとタブーがあります。

特にお祝いごとでは縁起が悪いことは絶対にしないように気をつけましょう。

ご祝儀の金額では偶数の金額、例えば4万円、6万円という金額はタブーとされています。

「割れる」という意味があるからです。

夫婦揃って招待されて出席する場合は特に偶数にならないようにします。

ただし、10万円は偶数ですが、夫婦で出席する場合によく用いられるご祝儀の金額です。

また、2万円は偶数ですが、ペアを連想させるため、タブーとされていないことが多いです。

ただし、夫婦で招待されて出席する場合、2万円×2だからといって4万円というのは避けましょう。
「死」は「し」を想像してしまうからです。

1人2万円とするならば自分と相手の関係、つきあいの深さで3万円か5万円にします。

相手の好みなどがわかっているなら、3万円にして何か結婚祝いの品物を贈ってもよいでしょう。
本来は品物で結婚祝いを贈る慣わしでしたが、現代では現金でご祝儀とすることが多くなりました。
友人や親しい人のお祝いの場合は品物をプラスしてご祝儀の金額を少なくすればいいでしよう。

ご祝儀の金額も大切ですが、お札も大事です。必ず新札を使います。

また、遠方で交通費や宿泊費がかかる場合、ご祝儀の金額も含め負担がかかるなと気になるなら、祝儀金額のタブー

ご祝儀だけでなく、冠婚葬祭ではいくつかのマナーとタブーがあります。

特にお祝いごとでは縁起が悪いことは絶対にしないように気をつけましょう。

ご祝儀の金額では偶数の金額、例えば4万円、6万円という金額はタブーとされています。

「割れる」という意味があるからです。

夫婦揃って招待されて出席する場合は特に偶数にならないようにします。

ただし、10万円は偶数ですが、夫婦で出席する場合によく用いられるご祝儀の金額です。

また、2万円は偶数ですが、ペアを連想させるため、タブーとされていないことが多いです。

ただし、夫婦で招待されて出席する場合、2万円×2だからといって4万円というのは避けましょう。
「死」は「し」を想像してしまうからです。

1人2万円とするならば自分と相手の関係、つきあいの深さで3万円か5万円にします。

相手の好みなどがわかっているなら、3万円にして何か結婚祝いの品物を贈ってもよいでしょう。
本来は品物で結婚祝いを贈る慣わしでしたが、現代では現金でご祝儀とすることが多くなりました。
友人や親しい人のお祝いの場合は品物をプラスしてご祝儀の金額を少なくすればいいでしよう。

ご祝儀の金額も大切ですが、お札も大事です。必ず新札を使います。

また、遠方で交通費や宿泊費がかかる場合、ご祝儀の金額も含め負担がかかるなと気になるなら、祝儀金額のタブー

ご祝儀だけでなく、冠婚葬祭ではいくつかのマナーとタブーがあります。

特にお祝いごとでは縁起が悪いことは絶対にしないように気をつけましょう。

ご祝儀の金額では偶数の金額、例えば4万円、6万円という金額はタブーとされています。

「割れる」という意味があるからです。

夫婦揃って招待されて出席する場合は特に偶数にならないようにします。

ただし、10万円は偶数ですが、夫婦で出席する場合によく用いられるご祝儀の金額です。

また、2万円は偶数ですが、ペアを連想させるため、タブーとされていないことが多いです。

ただし、夫婦で招待されて出席する場合、2万円×2だからといって4万円というのは避けましょう。
「死」は「し」を想像してしまうからです。

1人2万円とするならば自分と相手の関係、つきあいの深さで3万円か5万円にします。

相手の好みなどがわかっているなら、3万円にして何か結婚祝いの品物を贈ってもよいでしょう。
本来は品物で結婚祝いを贈る慣わしでしたが、現代では現金でご祝儀とすることが多くなりました。
友人や親しい人のお祝いの場合は品物をプラスしてご祝儀の金額を少なくすればいいでしよう。

ご祝儀の金額も大切ですが、お札も大事です。必ず新札を使います。

また、遠方で交通費や宿泊費がかかる場合、ご祝儀の金額も含め負担がかかるなと気になるなら、無理して出席せず、ご祝儀を現金書き留めなどで送って欠席したほうが心からお祝いできるかもしれません。





Copyright © 2018 徒然おぼえがき All Rights Reserved.