日本人のメタボリックシンドローム


健康を考えたとき、まず頭に浮かぶのが「メタボリックシンドローム」という言葉です。

メタボリックシンドロームは体重だけでなく、お腹周りがどれだけでているか、ということが注目されます。
内臓脂肪はお腹周りに直接反映するからです。

メタボリックシンドロームの診断基準は
腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上であり、
高血糖、脂質代謝異常、高血圧のなかであたっているものがあるかを調べます。

あてはまるものが1つの場合はメタボリックシンドローム予備軍、2つ以上該当するときはメタボリックシンドロームと思われます。

平成18年国民健康調査には年齢別メタボリックシンドロームとその予備軍の患者数の割合が統計されています。

まずメタボリックシンドロームと思われる人数は

40〜49歳の場合
男性患者数が19.3%、予備軍が25.5%。
女性患者数は3.1%、予備軍2.2%。

50〜59歳の場合
男性患者数は25.1%、予備軍が27.1%。
女性患者数が8.4%、予備軍が11.3%。

60〜69歳の場合
男性患者数は26.5%、予備軍が27.5%。
女性患者数は16.4%、予備軍は9.7%。

70歳以上の場合
男性患者数は28.7%、予備軍が23.6%。
女性患者数は21.5%、予備軍は8.5%です。

この統計によると、
男性は40歳を過ぎるとメタボリックシンドロームの患者および予備軍が50%近くを占めるので2人に1人、
女性は5人に1人がメタボリックシンドロームの危険性があることになります。

私は還暦過ぎなので、内臓脂肪には要注意ですね。
また、脂肪肝も持っていますので、なおさらです。
ちなみに医者に相談したところ

「やせたら治る!」の一言でした。





Copyright © 2018 徒然おぼえがき All Rights Reserved.